【サークルスクエア】LINEでサークルスクエアからのメールを受ける方法

サークルスクエアのメールをLINEへのアイキャッチ

こんにちは、おかさん(@OtonTech)です。

こども
こども

おとん、サークルスクエアからのメール、見逃しすぎちゃうか!?
ちゃんとチェックしてや~

おかさん
おかさん

PTAとか地域活動以外の他のノイズが多すぎるから、しゃーないねん…

今回は、そういう方に向けた、とっておきの方法

「サークルスクエアのメールをLINEで受ける方法」

を紹介します。

今回の記事は、以下のような方向けです。

  • メールが多すぎて必要な情報を見逃してしまう
  • メールではなく、ふだん使っているLINEで通知を受けたい

プログラミングやスクリプトなしで、サークルスクエアからのメールをLINEで受ける方法を紹介していますが、手順が少し多いです。

写真メインで手順を分かりやすく紹介しているため、写真点数がかなり多い記事です。

分かりにくい点や、困った点などあれば、いつでもお問合せください。

サークルスクエアの基本的な紹介はこちら!

サークルスクエアからのメールをLINEで受ける方法の全体像

こちらの記事でも紹介しましたが、基本的にサークルスクエアとLINEを直接連携させることはできません。

おかさん
おかさん

そこで!Webサービス同士を連携させるWebサービスを使います!!

全体像は以下のようになります。手順は右からさかのぼっていきます。

“zapier” で “Gmail” のフィルターをかけ、”zapier” から “IFTTT” にメールを飛ばし、”IFTTT” から “LINE Notify” を使って “LINE” へ通知する、という流れです。

サークルスクエアからLINEへメールを通知するステップの全体像

少しステップが多いですが、これができると他のMailやWeb Serviceともかんたんに連携できるようになるため、メリットが多いです。

おかさん
おかさん

Gmail 以外のMailでも Zapier や IFTTT にあれば、この流れとは違ってきますが同じような形でできるよ

IFTTT(「いふと」と読みます)は、数百以上のWeb Serviceを連携できるWeb Service です。

IFTTT
Get started with IFTTT, the easiest way to do more with your favorite apps and devices for free. Make your home more relaxing. Make your work more productive. K...

Twitter, Facebook, Instagramなどの各種SNS、Google, Amazonなどのスマートスピーカー、HueやPanasonic Home Navigationなどの電化製品コントロールなど、多くのサービスと連携できます。コンシューマ向けが多い印象です。

おかさん
おかさん

変わったところではDomino’s pizzaなども!

Zapier(「ざぴあ」や「ざぴえる」と読みます)も、IFTTTと同様に多くのWeb Service を連携できるWeb Service です。

Microsoft Logo

Zapierも各種SNSなどのサービスもありますが、IFTTTに比べてすこしビジネスよりのサービスが目立ちます。

Salesforce, AWSの各種サービス, githubやasana,slack などのDevOps系など。システム連携系も多いですね。

おかさん
おかさん

会社の業務でも使っていますが、けっこう便利♪

サークルスクエアからのメールをLINEで受けるステップ

サークルスクエアとLINEを連携させるためのステップは5つ

手順は少し多いですが、クリックとコピペのみで完成します。

サークルスクエアからのメールをLINEで受けるためのステップ
  • ステップ1
    LINEのメアドとパスワードを設定する

  • ステップ2
    IFTTTで “LINE”、”email” のサービスと連携する
  • ステップ3
    IFTTTで “email to LINE” のFlowを作成する
  • ステップ4
    Zapierで “gmail to gmail” のFlowを作成する
  • ステップ5
    サークルスクエアからmail配信してLINE通知がくることを確認する

ステップ1:LINEのメアドとパスワードを設定する

LINEアプリの”設定”–>”アカウント”からメアドとパスワードを設定しましょう。

既にLINEで、メアドとパスワードを設定している方は、このステップを飛ばせます。

LINEの設定画面
LINEアプリの設定画面
LINEのアカウント設定画面
LINEアプリの設定からアカウント設定の画面へ
おかさん
おかさん

メアドとパスワードはステップ2で使うよ

ステップ2:IFTTTで “LINE”、”email” のサービスと連携する

いよいよIFTTTを使っていきます。HPから、メアドでサインアップするか、他のアカウントを使ってサインインします。

IFTTTのホームページ

LINEを検索します。

IFTTTでLINEサービスを検索する

検索結果の “Services” のところからLINEを選択します。

IFTTTのServiceのところからLINEを選択する

LINE の Service から、”Connect” をクリックし接続します。

IFTTTのLINEサービス

ステップ1で設定した、メアドとパスワードでLINEにログインします。

IFTTTのLINEサービス連携でのLINEのログイン

“同意して連携する” を押して、IFTTTがLINEと連携する許可をします。

連携すると、LINEに “LINE Notify” が友達登録されます。

IFTTTのLINEサービス連携のためのLINEの許可画面

友達登録された “LINE Notify” です。サークルスクエアからのメールはこちらに通知されます。

おかさん
おかさん

これでIFTTTからLINEへ通知する準備が完了!
他のServiceからもLINEと連携できて、けっこう便利♪

次に、IFTTTでEmailを検索して以下のEmail ServiceとConnectします。

IFTTTのEmailサービス

利用するメアドを入力します。

IFTTTのEmailサービスとの連携

入力したメアドにPINコードが送信されますので、そのPINコードをPINの欄に入力します。

IFTTTのEmailサービスとの連携でPINを入力
おかさん
おかさん

これでIFTTTで利用するServiceの設定は完了!
手順はあと半分、頑張って!

ステップ3:IFTTTで “email to LINE” のFlowを作成する

いよいよIFTTTでFlowを作成します。

右上のアカウントのところから、”Create” を選択します。

IFTTTのフロー作成はCreateから

以下の画面になったら、”+”を押します。

IFTTTでEmaiからLINEへ通知するフローを作成する最初のステップ

emailで検索すると、ステップ2で連携した ”Email” Serviceが出てくるので選択します。

IFTTTのフロー作成でEmailサービスをトリガーに設定する

triggerとして左側の “Send IFTTT any email” を選択します。赤枠部分のアドレスに対して何らかのmailが送信されると、このFlowが動き出しLINEへ通知されます。

IFTTTのフロー作成でEmailのトリガーを設定する
おかさん
おかさん

赤枠部分のメアドは、ステップ4で使うよ

次にアクションの設定です。Thenのあとの”+”を押して下さい。

IFTTTのフロー作成でアクションを設定する

”LINE”で検索して、LINE Serviceを選択します。

IFTTTのフロー作成でLINEサービスを検索

LINE Serviceのアクションを選択します。

IFTTTのフロー作成でLINEへ通知を選択

次の画面で通知するメッセージの内容を設定します。ここの内容を変更することで、受けるメッセージの中身を自由に変更可能です。

IFTTTでサークルスクエアからのメール内容からLINEへ通知する内容を設定する

これで、IFTTTの “trigger” のメアドに、特定のメアド(以下では ”oton.tech” のメアド)から送信されたmailが、LINEへ通知されるFlowが作成できました!

IFTTTでEmailからLINEへ通知するワークフローが完成
おかさん
おかさん

triggerのEmail部分を別のServiceに変えることで、いろんなServiceからLINEと連携ができるよ

ステップ4:Zapierで “gmail to gmail” のFlowを作成する

サークルスクエアからGmailに来るmailだけを通知したいため、Gmailのフィルタをかける必要があります。

そのフィルタをZapier 実現しています。

Gmailのmailを、フィルタをかけて、IFTTTのメアド “trigger@applet.ifttt.com” へ飛ばすため、です。

2019年3月30日までは、IFTTTにGmail ServiceがありIFTTTだけで「gmail to LINE」のFlowができたのですが、2019年3月31日以降はIFTTTのGmail Serviceが使えなくなり、代替手段として Webhook を使ったり、GAS(Google App Script) を使ったり、といろいろな工夫がされています。

Gmailのフィルターと転送機能でIFTTTのメアドに飛ばせれば良いのですが、Gmailから転送するメアドは認証が必要なため、IFTTTのメアドには直接飛ばせなくなっています。

今回はノンプログラミングで実現するため、Zapierを使って(サークルスクエアで利用している) GmailとLINEとの連携を行っています。

さっそくZapierを使っていきましょう。

サインアップでアカウントを作成するか、GoogleやFacebookなどの他サービスのアカウントでサインインします。

Zapierのログイン画面

サインイン直後の画面です。

Zapierのログイン直後の画面

一番最初のワークフロー(IFTTTのFlowのようなもの)作成画面です。

両方ともGmailを選択し、左側を “New Email” 、右側を “Send Email” として、 ”Use Zap” をクリックします。

Zapierのワークフロー作成でGmailとの連携が完了

ZapierからGmailと連携するために、Gmailにサインインします。

いずれもサークルスクエアで利用している同じGmailアカウントです。

Zapierのワークフロー作成でGmailと連携する

ZapierがGmailにアクセスするための許可画面で、”許可” を押して連携完了です。

ZapierとGmailが連携すると、このようにGmailアドレスが入っている状態になります。

この画面で、左下の “Go to Advanced Mode” をクリックします。

”Advanced Mode” ではこのような画面になります。

まず ”1.New Email in Gmail” をクリックして、設定します。

“Choose Trigger Event” として、”New Email Matching Search” を選択し “CONTINUE” を押します。

Zapierのワークフロー作成の設定画面

“Search String” の欄に、サークルスクエアからくる送信元のメアドを入力します。

おかさん
おかさん

ここを変更することで、タイトルに特定キーワードが含まれるmailだけ、などLINEへ通知するメールにフィルタをかけることができるよ

既にGmailと連携しているため、実際のデータを例に確認ができます。

次に、”2.Send Email in Gmail” の設定を行います。

ステップ3でメモしておいたIFTTTのメアド “trigger@applet.ifttt.com” を、 “Customize Email” のTo欄に設定します。

From欄にはGmailの自分のメアドを設定します。IFTTTのEmail Service連携で設定したメアドと同じものです。

ZapierからGmailで送信する送信元アドレスを設定する
おかさん
おかさん

IFTTTへ特定のメアドからmailがきた場合、という条件の元になるメアドになるよ

転送するmailの内容を入れていきます。実際のmailからデータを引っ張ってきてくれているため、内容を見ながら変更できます。

これで Zapier のワークフロー設定が完了です! “Done Editing” を押しましょう。

Zapierのワークフロー設定の完了

Zapier で作成したワークフローを有効にします。一番下のOFFとなっている部分を押してONにしましょう。

Zapierのフロー作成完了後に有効にする

右上の部分がONと緑になっていることを確認します。

Zapierのフローが有効になった状態
おかさん
おかさん

以上で、Zapierのワークフロー作成が完了です!お疲れ様でした!!

Zapier でこのワークフローが実行された場合には、Zapier の画面の左、”Task History” のところから確認できます。

何かエラーが起こっている場合にも、まずここを確認してみましょう。

Zapierでフロー実行後の確認

ステップ5:サークルスクエアからメール配信してLINE通知がくることを確認する

いよいよ最終の確認です。

サークルスクエアから、確認用のmailを送信します。

サークルスクエアとLINEの連携を確認するメールを送信する

以下のように、LINE Notify に通知がきました!

サークルスクエアから送信したメールがLINE Notifyへ通知された画面
おかさん
おかさん

LINEに通知するmailの内容を修正したい場合は、ステップ4の送信メールの内容を変更

まとめ

少し手順が多かったですが、「サークルスクエアのメールをLINEで受ける方法」はいかがでしたでしょうか?

メールだと、どうしても大事な情報が埋もれがちになってしまいます。

LINEへ通知を一本化することで、大事なメールも見逃さずにすみますね。

おかさん
おかさん

少しでもお役にたてば、うれしいです
困ったところがあれば、お問合せください

コメント