EvernoteのデータをUpNoteへ移行、注意すべき点も紹介

Web/IT
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
EvernoteのデータをUpNoteへ移行する方法

10年以上使ってきたEvernoteから、他のメモアプリへの乗り換え検討をしています。

『Evernoteから乗り換え検討、NotionとUpNoteが候補』の記事でも書いたように、NotionとUpNoteを試しており、この記事ではEvernoteのデータをUpNoteへ取り込む方法を紹介しています。

スポンサーリンク

EvernoteのデータをUpNoteへ移行する方法

UpNoteへEvernoteのデータをインポートするのは、UpNoteが公式にサポートしてくれているためカンタンにできます。以下のステップ毎に、それぞれ説明していきます。

EvernoteのデータをUpNoteへインポートする
  • Step1
    UpNoteのアカウント作成

  • Step2
    UpNoteをプレミアムへアップグレード

  • Step3
    Evernoteのデータを[.enex]形式でエクスポート
  • Step4
    UpNoteでEvernoteの[.enex]形式ファイルをインポート

Step1:UpNoteのアカウントを作成する

まずは、UpNoteのサイトや各ストアからアプリを入手します。

以下、iOSアプリを例に書いていきます。

UpNoteのアプリを起動すると、以下のようにアカウント作成画面になります。英語になっている場合には、右下で言語を「日本語」に切り替えましょう。

UpNoteのアプリ起動画面

先の画面で「アカウントを作成する」を選択すると、以下の画面になります。GoogleやAppleのアカウントで作成するか、メールアドレスで作成できます。

UpNoteのアカウント作成画面

アカウントを作成すると、UpNoteの初期画面となります。これで最初のステップは完了です。

UpNoteの初期画面

Step2:UpNoteをプレミアムへアップグレードする

続いて、UpNoteをプレミアムへアップグレードします。

おかさん
おかさん

UpNoteはフリー(無料)のままだと50個しかノートが作成できず、またEvernoteからのインポートができませんので、プレミアム版を使いましょう

右下の三点メニューから、「設定」を選びます。

UpNoteの設定メニューを選ぶ

設定画面から「プレミアムにアップグレード」を選びます。

UpNoteの設定メニューからプレミアムにアップグレードを選ぶ

こちらはiOSの場合の料金となります。UpNoteの料金は、課金する場所により異なる場合があります(セールがあったりします)。

ここからプレミアムにアップグレードしておきましょう。

UpNoteのプレミアムの料金
おかさん
おかさん

買い切りでも3,500円というのはオトク!

Step3:Evernoteのデータを[.enex]形式でエクスポートする

Evernoteの最近のバージョンの場合は、ノートブック単位もしくはノート単位でエクスポートすることになります。

スタックを使っている場合には、下の図のようにスタックで右クリックしてもエクスポートメニューは出てきませんので、中にあるノートブックを個別に選んでいくことになります。

おかさん
おかさん

『EvernoteのデータをNotionへ移行』で利用した、EvernoteからNotionへのインポート用のノートを利用していますので、名前にNotionが入っていますが気にせずに!

Evernoteのスタックだとエクスポートメニューが出てこない

ノートブックで右クリックすると、「ノートブックをエクスポート」のメニューが出てくるので選択します。

Evernoteのノートブックのエクスポート

以下のようにEvernoteのエクスポート画面になりますので、ENEX形式を選び、エクスポートしましょう。

Evernoteのエクスポート画面

ノートブックやノートの数が少ない場合、この方法でも大丈夫ですが、ノートが多い場合には一括してエクスポートしたいですよね・・・。

その場合には、Evernote Legacyを使いましょう。Evernoteのサイトからたどれなくなっていますが、今のところEvernoteの公式フォーラム(Evernoteアカウントでサインインが必要です)から、ダウンロードできます。

Windows版のEvernote Legacy

Mac版のEvernote Legacy

おかさん
おかさん

いよいよEvernote Legacyが2024年3月23日に使えなくなりますので、利用するなら今のうちです!
『Saying goodbye to legacy versions of the Evernote app』

Evernote Legacyの場合、スタックの中のノートブックごとまとめてエクスポートできるので、EvernoteからUpNoteへのデータ移行がかなり楽になります。

Evernote Legacyでスタックをエクスポートする

Step4:UpNoteでEvernoteのENEX形式ファイルをインポートする

UpNoteへのインポートは、PCアプリから行います。

以下、UpNoteのWindows版アプリを例に、書いていきます。

右上の「設定」アイコンから、「一般」を選択、「Evernoteからインポート」を選びます。

UpNoteのEvernoteインポートメニュー

インポートしたいENEXファイルを指定、ファイル名をノートブックとして使用するかどうか、タグを変換するか、などを指定し、ノートをインポートします。

UpNoteのEvernoteインポートでENEXファイルを指定

画面の注意点のところに書かれているように、

  • 20MBを超えるファイルはインポートされません
  • 3万文字を超えるノートはインポートされません

という点に注意しましょう。

『EvernoteのデータをNotionへ移行』で利用した以下のEvernoteのノートをUpNoteへインポートしてみます。

UpNoteへのインポートテスト用のEvernoteノート

ノートが少ない場合には、すぐにインポートが完了します。以下の画面が出ればインポート完了。

UpNoteにEvernoteからインポート完了画面

UpNoteへ取り込んだあとの画像です。画像や文字サイズも含めて、再現されています。

タグはインポート時に「ハッシュタグ」を選択したので、ノートの下にハッシュタグでインポートされています。

UpNoteにEvernoteのノートを取り込み完了
おかさん
おかさん

見た目がEvernoteに近いので、Evernoteユーザにはありがたいですね!

EvernoteからUpNoteへデータ移行するときに注意すべきポイント

EvernoteのノートをUpNoteへインポートするときに、注意しておくべきポイントを書いていきます。

EvernoteのタスクはUpNoteへはインポートされない

Evernoteのタスクは便利で活用しているのですが、これをUpNoteへ取り込むと再現されなくなります。

以下のようなタスクがあるノートを、試しにUpNoteへインポートしてみます。

Evernoteのタスクがあるノート

以下がUpNoteへ取り込んだ結果です。

EvernoteからNotionへインポートした結果と同様に、タスクが完全に分からなくなっています・・・。

EvernoteのタスクがあるノートをUpNoteへインポートした結果
おかさん
おかさん

Evernoteのタスクを多様しているので、これはちょっと困った結果です・・・

この場合、Evernoteのタスクをチェックボックスに置き換えすれば、そのままインポートできます。

Evernoteのノートにあるタスクを、タスクではなくチェックボックスへ置き換えてから、UpNoteへインポートすると図のように取り込めます

Evernoteのチェックボックスがあるノート
Evernoteのチェックボックス
EvernoteのチェックボックスがあるノートをUpNoteへインポートした結果
UpNoteへインポートした結果

UpNoteの場合、チェックボックスはTODOという形になり、各ノート内にTODOが含まれているものは下の図のようにTODOのビューで確認できます。

UpNoteのTODOビュー
おかさん
おかさん

Evernoteのタスクのようなイメージで、TODO項目を一元管理できるのは便利ですね

Evernote側のタスクをチェックボックスへ置き換える、という手間は必要ですが、UpNoteへ取り込んだ後はTODOを一元管理として活用できそうです。

EvernoteのリンクはそのままUpNoteへインポートされる

EvernoteのリンクがあるノートをUpNoteへインポートすると、Evernoteリンクの箇所はそのままEvernoteリンクです。

以下のようなノートをUpNoteへインポートしてみます。

Evernoteのリンクがあるノート

下の図のように、UpNoteへ取り込んだノート中のリンク箇所はEvernoteのリンクとなっています。

EvernoteのリンクをUpNoteへ取り込んだ結果

EvernoteのリンクがUpNoteへインポートされた場合

リンクの箇所を一つ一つ編集し、UpNoteのリンクへ変えていくことが必要になります(そのままだとEvernoteへジャンプします)

下の図は、リンクをUpNoteのものへ置き換えた状態です。ノートアイコンが表示され、リンクが “upnote://” から始まっています。

UpNoteのリンク

EvernoteのデータをUpNoteへ移行するのはカンタン!でも注意点もあります

EvernoteのデータをUpNoteへ移行する(インポートする)のは、UpNoteが公式にサポートしてくれているため、かなりカンタンにできます。

ただし、EvernoteとUpNoteとで機能には違いがあるため、この記事で紹介したタスクやリンクのように取り込めない部分もあります。

おかさん
おかさん

ノート自体はカンタンに移行できるため、Evernoteに代わるメモアプリを探している人にとっては、有力な候補の一つですね! 見た目的にもEvernoteに近いです

スポンサーリンク
参考になったら、ぜひシェアお願いします!
フォローして頂けると、励みになります!
おとんTechブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました