Evernoteから乗り換え検討、NotionとUpNoteが候補

Web/IT
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
Evernoteから乗り換え検討

2010年から10年以上Evernoteの有料プランを使い続けている私ですが、ここ数年のEvernoteの動きや、機能面での質の低下、などから、他のメモアプリへの乗り換えを検討し始めました。

現時点でも、Evernoteのヘビーユーザであり機能的にはかなり優れているツールだとは思っていますが、一方で他にも使える、コストが安いメモアプリが多数登場していることも事実です。

おかさん
おかさん

『【evernote】有料版(プレミアム)をオススメする5つの理由』でも力説しているように、まだまだ使えるツールです

そのためNotionなどの他ツールを検討、試してみて判断してもいいな、と思い始めました。

この記事では、

  • Evernoteから他のメモアプリに乗り換える検討をするときの考え方
  • 候補となるメモアプリ4つ(Notion, UpNote, Microsoft OneNote, Dropbox Paper)との比較

を紹介しています。

\ Notionは無料でも使えます! /
スポンサーリンク

Evernoteから乗り換えを検討したきっかけ

2023年4月のEvernoteの値上げ発表で、私が使っている間で2度目の値上げがありました。

過去4000円程度で使えていた時からすると、倍以上の金額(Evernote Personalプラン)となっています。

それでも、同時編集機能やAI機能が追加され、安定性やパフォーマンス向上するなら、まだコスト的には許容範囲かな、と考えていました。

おかさん
おかさん

ただ、書いたメモが消えたり(ノートに反映されていない)、複数デバイスで同時に更新されなかったり、と本来のメモアプリに求める機能面で不安を感じることも…

以前は、サポートに問い合わせしてもすぐに返事が来ていたのですが、最近ではサポート対応も遅く、ちょっとなぁと思うことが続きました。

以上のことがあり、Evernoteから乗り換えること自体はかなり迷いましたが、一度他のメモアプリも試してみても良いかなと思い始めました。

私がメモアプリに求めること:Evernoteの使い方を元にリストアップ

2023年時点で、Evernoteの利用状況は以下の通りです。

  • Evernote Personal 年払い\9300円
  • 仕事でもプライベートでも活用(チーム利用ではなく個人のメモ)
  • ノートブック 100個以上
  • ノート 3000以上
  • タグ カオスなくらい多数のタグを利用
  • 主に利用している機能
    • 複数デバイスでの利用
    • ノートへの、音声、画像、ファイル添付
    • オフラインでのノート編集
    • タスク、TODO管理
    • リマインダー
    • メール転送によるノート作成
    • Webクリッパー
    • テンプレート

昔は、Evernoteが「第二の脳」と呼ばれていたときもあり、実際に私もそうした使い方、記憶の一部をEvernoteに任せる、ということをしていました。

ちょっとしたメモや記録、リマインダーなど、わざわざ自分で覚えておく必要はないけれど、いつか必ず必要になる情報、をすべてEvernoteに入れておき、いつでも取り出せる/思い出せるようにしていました。

おかさん
おかさん

私がメモアプリにもとめることは、まさに「第二の脳」です!

試した結果次第ですが、今後Evernoteと併用していくのではなく、Evernoteの代替となり得るか?という視点で検討していきます。

比較検討:Evernote vs Notion, UpNote, Microsoft OneNote, Dropbox Paper

Evernoteの代わりとなるメモアプリを探すにあたって、よくEvernoteとの比較対象となっているNotion, UpNote, Microsoft OneNote, Dropbox Paperを選びました。

UpNote以外は仕事などで使ったことがあるため、ある程度知っていたこともあります。

比較一覧をつくり、この中で先程リストアップしたEvernoteで特に使っている機能を重点的にチェックしました。

EvernoteNotionUpNoteMicrosoft
OneNote
Dropbox
Paper
月額料金775円/月~10ドル/月~100円/月~無料~1,500円/月~
フリープラン or
トライアルの有無
テキスト入力
手書き入力××
音声入力×××
画像の挿入
動画の挿入
ファイル添付
※ノートの上限あり
フリー:◯(5MBまで)
有料:◯(無制限)
フリー:×
有料:○(20MBまで)
表の作成
チェックボックス
TODO管理
リマインダー×
オフライン
テンプレート
整理機能
共有機能
Webクリッパー
メール転送××
マルチデバイス
検索機能
外部連携機能×
インポート
/エクスポート
Evernoteデータ
のインポート

(公式)

(公式)

(非公式)
×
EvernoteNotionUpNoteMicrosoft
OneNote
Dropbox
Paper
Evernote代替メモアプリの機能比較

機能的には大差ないことが比較表から分かります。

ただEvernoteからの乗り換えであることを考えると、EvernoteデータがインポートできるNotion, UpNoteが大きくリードしています。

おかさん
おかさん

NotionやOneNoteは仕事でもがっつり使っていることもあり、個人で利用するならNotionかなという印象もあります(むしろ、利用してみたい)

というわけで、現時点ではまずNotionとUpNoteを試してみようと考えています。

UpNoteは、新海誠監督もEvernoteから乗り換えているアプリでもありますね。UpNoteは、かなり軽快に使えるメモアプリでもありそうです。

Evernoteの代替メモアプリ、NotionとUpNoteを試してみる

Evernoteから乗り換えを検討するに至った経緯と、乗り換え候補であるNotion, UpNote, Microsoft OneNote, Dropbox Paperとの比較をして、最終的にNotionとUpNoteを試してみようとなりました。

おかさん
おかさん

今は、まずフリーでかなり使えるNotionにEvernoteの一部ノートを移して試しています

今後、Evernoteからの移行の仕方(以下の記事)や、Notion, UpNoteの使い勝手など、記事にしていきたいと思いますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
参考になったら、ぜひシェアお願いします!
フォローして頂けると、励みになります!
おとんTechブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました