キーボードはトイレの便座よりも汚い!?【掃除の仕方を写真入りで解説】

カラフルなキーボード

画像出典:Unsplash

こんにちは、おかさん(@OtonTech)です。

パソコンのキーボード、お手入れしていますか?

一説にはトイレよりも10倍汚いと言われるキーボード、お手入れしていないキーボードはホコリや菌だらけで、本当に汚いです。

おかさん
おかさん

そういう私も、分解掃除は1年以上ぶりです…

定期的にお手入れして、できれば年に一度はしっかりと掃除しましょう。

この記事は、次のような方が対象です。

  • キーボードの掃除をしたことがない
  • キーボードの掃除の仕方が分からない
  • キーボードの分解の仕方が分からない
  • 簡単にできるキーボードのお手入れ方法を知りたい

分解できるタイプ、分解できないタイプ、それぞれのキーボードの掃除方法をご紹介します。

分解できるタイプのキーボードの掃除方法

デスクトップや、外付けキーボードのように、キーボードのキー(キートップ)を分解できるタイプのキーボードの掃除の仕方を紹介します(分解掃除は自己責任ですので、ご注意下さい)。

ふだん、私はHappy Hacking Keyboard Lite2(HHK Lite2)のキーボードを使っていますので、写真はHHK Lite2のものになりますが、基本的にどのキーボードでも流れは同じです。

エンジニア御用達のオススメキーボード!

キーボード掃除の流れです。乾燥の待ち時間を除いて、実質的な作業時間は1時間ほどです。

キーボードの分解掃除の方法
  • ステップ1
    キーボードのキー(キートップ)を外す(時間:約10分)

    keypuller などを利用して、キートップを丁寧に外していきます。

    外す前に写真を撮っておきましょう。キートップの取り付け時に必要になります。

    間違っても、ドライバーなどでテコのようにして引き抜かないように。傷がついたり、キートップの取り付け部分が傷んだりしてしまいます。

    汚すぎてあまりお見せしたくない画像ですが、、キーボード本体もかなり汚れていますね…

    キートップを外したキーボード
    キートップを全て外したキーボード

  • ステップ2
    キートップを洗浄する(時間:約30~45分)

    外したキートップにホコリなどがついていたら、洗浄前にざっと取り除いておきましょう。

    ぬるま湯にハイターなどの洗剤をとかして、30分ほどつけておきます。

    キートップ洗浄中

    30分後、激落ちくんなどのスポンジで表面をさっと掃除すれば、よりピカピカになります。この作業は飛ばしても大丈夫です。

    おかさん
    おかさん

    キーボードによっては、印字されている文字が落ちる可能性もあるので、加減してね

  • ステップ3
    キーボード本体を掃除する(時間:約30分)

    ステップ2でつけ置きしている間に、キーボード本体を掃除していきます。

    まず、ざっとウェットティッシュでキーの隙間を掃除してから、綿棒の先をアルコール除菌スプレーなどでかるく湿らせて、念入りに掃除していきます。

    おかさん
    おかさん

    キートップがささる四角い部分の中は濡らしたりしないように!

    キーを外したキーボード本体(掃除後)
    掃除後のキーボード本体

    キーボード本体が、すっかりキレイになりました。

  • ステップ4
    キートップを乾かす(時間:ひと晩)

    キーボード本体の掃除が終わったら、つけ置きしていたキートップを良く乾かします

    念のため、ひと晩置いておきました。

    キートップを乾かしているところ
    おかさん
    おかさん

    濡れたままのキートップを本体にセットすると故障の原因になるよ

  • ステップ5
    キートップを取り付ける(時間:約10分)

    掃除前に撮った写真を元に、キートップを本体に取り付けていきます。

    少しかたいところもありますが、丁寧に取り付けていきましょう。

    掃除後のキーボード
    キートップを取り付けたキーボード
    おかさん
    おかさん

    キートップの取り付け部分を折らないように注意!

    キートップの取り付けは、子供と一緒にやると結構楽しんでくれますよ。

すっかりキレイになりました!

結構かんたんにお手入れでき、キーボードが見違えるようにキレイになるので、オススメです!

分解できないタイプのキーボードの掃除方法

ノートPCなど、分解できないタイプのキーボードの掃除の仕方です。

分解できないキーボードの掃除
  • ステップ1
    大きな汚れを吹き飛ばす

    エアダスターなどを使って、大きな汚れ(特にキーの隙間)を吹き飛ばします。

  • ステップ2
    キーボード表面の汚れをふき取る

    ウェットティッシュで、キーボード全体の表面を掃除します。

    キーボードをウェットティッシュで掃除する
  • ステップ3
    キーの隙間を掃除する

    アルコール除菌スプレーなどを綿棒の先にかるく染み込ませ、キーの隙間を掃除していきます。

    綿棒でキーボードの隙間を掃除する

分解して中までキレイにすることができませんので、できれば1ヶ月に一度くらいは掃除しましょう。慣れると10分程度でできるようになります。

キーボードの日常のお手入れ

日常のお手入れとしては、大きな汚れやホコリを取り除くのが基本です。

その上で、除菌ウェットティッシュなどでさっとひと拭きすればなお良いですね。

ついでにマウスも、さっとひと拭きしておきましょう。

おかさん
おかさん

さっと済ませられるやり方がいいね

キーボードの日常の掃除にあったら便利なグッズたちです。

エアダスター:
キーボードのすき間には、思った以上にゴミやホコリがたまります。週に1度くらいは、エアダスターでさっと一吹きしてヨゴレを飛ばすと掃除が楽ですね。

ゲル素材のクリーナー:
こちらもエアダスターと同じく、キーボードのすき間のヨゴレを取るものです。エアダスターと比べて、ヨゴレを吸い付けてくれるためキレイにはなりますが、好き嫌いがあるかもしれませんね。

卓上クリーナー:
エアダスターのように吹き飛ばすのではなく、掃除機なので吸い取りです。USBで充電して利用できるため、卓上で利用するのに便利です。

除菌ウェットティッシュ:
ヨゴレを吹き飛ばしたり、吸い取ったりしても、キーボードの表面についた菌などは残ります。週に1度、除菌ウェットティッシュでキレイにするといいですね。

まとめ

お手入れしていないキーボードは、本当に汚いです。

キーボードの分解掃除は、一度やってみると以外に簡単で、キーボードが見違えるようにきれいになります。

日常的なお手入れと、定期的なしっかりとした掃除を組み合わせて、キレイなキーボードで気持ちよくパソコンを使いたいですね!

コメント