オンライン授業/学習に最適なパソコンの選び方

Web/IT
オンライン授業に最適なパソコンの選び方

画像出典:pixabay

IT業界で20年以上、自作も含めて多くのパソコンを使い続けているおかさん(@OtonTech)です。今も在宅ワークで、ZoomやSkype、Google Meetなどを頻繁に利用しています。

おかさん
おかさん

今回は、オンライン授業/学習に最適なパソコンの選び方を紹介します!
もちろん、リモートワークでも参考になる情報です!

この記事を読めば、以下のようなことが分かります。

  • オンライン授業・学習で利用されるツール(Zoom / Skype / Teams / Google Meet など)を想定した、最適なパソコンの選び方

我が家もそうなんですが、「GIGAスクール構想」の一環で、子供たちにも1人1台のパソコン/タブレットが配布されるようになり、子供たちがパソコンに触れる機会も多くなっています。

コロナ禍もあり、自宅で学校や塾の授業を受ける機会も多くなってきますので、早めに準備しておきましょう。

オンライン授業/学習に最適なパソコンは、この3点に気をつければ大丈夫!

オンライン授業・オンライン学習をする際のパソコン選び、迷いますよね。

デスクトップパソコンとノートパソコンがありますが、オンライン授業・オンライン学習で利用するなら、ノートパソコンで十分です。

一般的に、同じ価格帯であればデスクトップパソコンの方がノートパソコンよりも高性能のものが買えます。

またデスクトップパソコンの場合、カスタマイズが柔軟にできます。

  • モニタを大画面にしたい
  • eスポーツやオンラインゲーム専用のパソコンにしたい
  • 動画編集をさくさくしたい

などの用途に応じて、色々とカスタマイズ可能です。

そのため、パソコンまわりの知識をある程度知っている必要があります。

高性能のデスクトップパソコンを買って、そのまま使い続ける、というのももちろん可能です。

\ オンライン授業でおすすめのパソコンはこちらで紹介しています /

最低限、必要になるもの

オンライン授業・オンライン学習を受けるにあたり、モニタ、Webカメラ、マイク・スピーカー、無線LAN(もしくは有線LAN端子)は、必須になります。

最近のノートパソコンでは、ついているものが多いですが念のため確認しておきましょう。
 

  • モニタ:最低13インチ、できれば15インチ以上はほしいところです。複数のソフトを同時に使う際に画面に並べられるので重宝します
     
  • マイク、スピーカー:ほとんどのノートパソコンについています
     
  • Webカメラ:自分の方向に向かっているカメラです。オンライン授業の場合、それほど高画質である必要はありません
     
  • 無線LAN:802.11**と記載されているものです。**のところは、a/b/g/n/ac などと通信規格により種類があります。利用する周波数帯や最高通信速度が異なります。acが一番新しく早いですが、オンライン授業/学習の場合、a/b/g/nなどでも良いでしょう。
     

その上で、パソコンのスペックとして確認しないといけないのが、オペレーションシステム(OS)とプロセッサ(CPU)とRAM(メモリ)です。

ノートパソコンの場合、OSはWindowsかMacOSになります。OSについて、もう少し詳しく知りたい方は、こちらに書いていますので参考まで。

プロセッサとメモリ

では、パソコンの心臓部となる

プロセッサ(CPU)とRAM(メモリ)

を見ていきましょう。

おかさん
おかさん

CPUから後から変えられないけど、メモリはあとから入れ替えたり、増設することができるよ

オンライン授業・オンライン学習でZoomなどを利用する場合、以下のスペックがオススメです。(スペックについては、こちらで詳しく解説しています)

プロセッサ(CPU): クアッドコア2Ghz以上(Core i7)
RAM: 16GB

プロセッサ(CPU)は、IntelとかAMDとかいうやつですね。パソコンの処理を行う、頭の部分です。

昔は1つのパソコンに1つのCPUのシングルだったものが、CPUを2つ搭載するデュアル、CPUを4つ搭載するクアッド、とどんどん高性能になっています。

おかさん
おかさん

当然、数が多いほうが処理速度が高いけど、その分おねだんもお高い…

プロセッサ(CPU)は一度パソコンを選ぶと、ノートパソコンの場合には基本的に変えられません。
予算に余裕があるなら、高い性能のものを選んでおいた方が後で後悔しないでしょう。

おかさん
おかさん

作業効率がぜんぜんちがうよ!

RAM(メモリ)は、多ければ多いほど一度に利用できるソフトも多くなります
よく、勉強机に例えられますが、メモリが多いと机も大きくなり、作業できるスペースが多い、というイメージです。

メモリが少ないと、メモリ(勉強机)に乗り切らない情報に関してはHDD(引き出しのイメージ)に置かれることになります。

メモリとHDDでは、物理的なアクセス速度が圧倒的にメモリが早いため、HDDに置かれた情報にアクセスする必要が出てきた場合には、その分時間がかかることになります。

机の上に置いている教科書と、机の引き出しに入れている教科書、手に取る速さが違いますよね。そんなイメージです。

パソコン自体の仕様にもよりますが、メモリはあとから増やしたり、メモリの空きスロットさえあれば追加することもできます。(ある程度の知識は必要となります)

おかさん
おかさん

予算が許すならば、最初から大容量のメモリを選んでおいた方が安心!

ハードディスクと重さ

最後に気になるスペックとしては、HDDかSSDか、と重さです。

SSDの方が情報の読み書きの速度が早いです。最近のノートパソコンはSSD搭載の機種が多いため、SSDを選んでおけば間違いないです。

おかさん
おかさん

HDD / SSD の容量は多いに越したことはないですが、後からでもパソコンに外付けのHDD / SSDで拡張できるので、それほど心配いりません。

重さは、持ち運びが多いなら軽めのものを、自宅だけで使うのであれば多少重くても大丈夫、とそれぞれの利用シーンに応じて選びましょう。

オンライン授業/学習に最適なパソコンの選び方のまとめ

CPU、メモリ、ハードディスク、など、パソコンに興味がないとあまり聞き慣れない言葉ばかりですよね。

それでも、子供が急にオンライン学習になったりすると、パソコンを選ばないといけない状況になったりします。

おかさん
おかさん

この記事が少しでもパソコン選びのお役にたてれば嬉しいです!

 

この記事を元にしたおすすめパソコンを紹介しています!
参考になったら、ぜひシェアお願いします!
フォローして頂けると、励みになります!
おとんTechブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました