アウトドアで大活躍!防水カメラ【WG-70】を川で試してみた

WG-70_右斜め前からの写真

こんにちは、おかさん(@OtonTech)です。

2020年3月13日に発売されたリコーのコンパクトデジタルカメラWG-70ですが、キャンプや山・海・川などアウトドアで子供と遊ぶ際に大活躍しそうです。

今回は、以下のような方向けの記事です。

  • 「水に濡れても大丈夫なカメラが欲しい」
  • 「ぶつけたり、落としたりしても大丈夫な、頑丈なカメラが欲しい」
  • 「防水カメラって、実際のところどれだけ使えるの?」

ポイントは ”頑丈” 、 ”コンパクト”

子供とアウトドアで遊ぶ際に、一眼レフを持っていくこともありますが、川や海遊びの写真を取りたい、登山途中でさっと撮影したい、という時にコンパクトデジタルカメラを利用します。

スマホだと、故障が怖くてそうしたシーンではなかなか思い切り使えないんですよね。

おかさん
おかさん

「カメラ貸して!」という子供にも安心して渡せるよ

WG-70は、これまで撮影しづらかったシーンで簡単に使えますので、いつもとは違った写真が撮れそうです。

水に濡れても、落としても大丈夫!

さっそく、子供を連れて近くの川に行き、試してみました。

電源ONの状態で川に沈めてみました。

水中に沈んだWG-70の写真
川にしずんだWG-70

川からひきあげた直後のWG-70です。特に問題なく撮影できています。

水に濡れたWG-70の写真
川からひきあげた直後のWG-70

水中での撮影はこんな感じです。

水中でもクリアに撮れるため、夏の川遊びでの写真撮影が楽しみです。

この川遊び中にも、子供が何度かごつごつした石の上にカメラをぶつけたり、落としたりしたのですが、傷がつくこともなく撮影にも問題ない状態です。

おかさん
おかさん

この頑丈さはアウトドアでハードに使っても大丈夫!

水洗いしたWG-70本体をさっとタオルで拭いただけの状態で、バッテリーカバーやケーブルカバーを開けると、中は濡れていないのですがカバーの側面がやや湿った感があります。

十分乾かしてからの方が安全です。

持ち運びに便利なコンパクトさ

「小さくて軽い!」というのがファーストインプレッションでした。

iPhone11と並べてみると、こんな感じです。

WG-70_iPhone11との比較写真
iPhone11(左)とWG-70(右)との比較

重さも200gを切っているので、胸ポケットやジーンズのポケットにもスッと入り、持ち運びが非常に便利です。

ストラップをつけて、手首にからめる、首からかける、という形でも持ち運びが楽ですね。

スペックは?WG-70とWG-6との比較

WG-70を選ぶにあたって、最上位機種であるWG-6と比較しました。

カメラとしての基本スペックは、やはり最上位機種だけあってWG-6の方が良いのですが、コンパクトさとコストを考えてWG-70にしました。

画素数やデジタルズームの性能、また仕事で利用するなどで暗所性能などを求める場合には、WG-6のように高スペックの機種の方が良いでしょう。
参考:仕事で使えるRICOH WGシリーズ

製品名WG-70WG-6
発売日2020年3月13日2019年4月19日
価格
3/24時点のAmazon価格
31,800円38,799円
幅 x 高さ x 奥行き約122.5 x 61.5 x 29.5 mm118.2 x 65.5 x 33.1 mm
重さ 約193g
(電池、SDメモリーカード含む)
約246g
(電池、SDメモリーカード含む)
防水水深14m
IPX8
JIS保護等級8級相当
水深20m
IPX8
JIS保護等級8級相当
防塵IP6X
JIS保護等級6級相当
IP6X
JIS保護等級6級相当
耐衝撃1.6m2.1m
画素数約1600万画素
(有効画素)
約2000万画素
(有効画素)
高感度(ISO感度)ISO125-6400ISO125-6400
焦点距離28-140mm
※35ミリ判換算
28-140mm
※35ミリ判換算
F値f/3.5-5.5f/3.5-5.5
光学ズーム5倍5倍
デジタルズーム約7.2倍約8.1倍

WG-70はこの3月に発売されたばかりです。

一つ古い機種であるWG-60も、防水・防塵・耐衝撃などの性能は同じであるため、さらにコストを優先するならWG-60も選択肢に入れても良いと思います。

まとめ

防水カメラって実際のところどれだけ使えるの?と使うまでは思っていました。

しかし、実際に試してみて、アウトドアにピッタリなカメラだと思いました。

防水・防塵・耐衝撃で高い性能を持っているカメラですので、使い道が広がりますね。

これからのシーズン、このカメラを使ってアウトドアで撮影した写真を、ブログにも載せていこうと思います。

コメント