Cocoonユーザ対象:Googleアナリティクスの始め方

Web/IT
Googleアナリティクスの始め方:Cocoon編

画像出典:pixabay

こんにちは、おかさん(@OtonTech)です。

この記事では、Googleアナリティクスを利用していない人向けに、Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)を導入する方法を紹介します。Cocoonユーザが対象ですが、他のテーマでも応用できる方法です。

おかさん
おかさん

本業でも、自身のブログでも、Googleアナリティクスを活用している私が解説します
GA4の設定に関してはこちらの記事に書いています。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスの画面イメージ

Googleアナリティクスとは、Googleが提供している無料で利用できるツールで、Webサイトやアプリ(iOS, Android)を利用するユーザーを分析することができます。

おかさん
おかさん

サイトを運営する上でPDCAを回していく際の、必須ツールですね

Googleアナリティクスを使うことで、

  • サイト訪問ユーザーのレポート(ユーザー数、アクティブユーザー数、など)
  • 集客レポート(サイトへの訪問経路、SNSなどのマーケティング効果、など)
  • 行動レポート(サイトの各ページごとのページビュー、ページ遷移の経路、など)
  • コンバージョンレポート(予め設定したゴールに対するコンバージョン)
  • Search Consoleとの連携

などを分析することができ、無料とは思えない機能がたくさんあります(上記以外にもあります)。

こうしたデータを確認することは、サイト/ブログを運営していく上で最重要なことですので、Googleアナリティクスのようなツールが無料で使えるのは素晴らしいですね!

また2020年10月にGoogleがリリースした新しいGoogleアナリティクス4プロパティ(通称、GA4)では、機械学習に力が入れられていたりと、Googleが持っている技術もどんどん入ってきています。

おかさん
おかさん

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)については、以下の記事で紹介しています

Googleアナリティクスを始めるには、以下の2ステップだけです。

ステップ1.Googleアナリティクスのアカウントの作成する
ステップ2.Googleアナリティクスのタグ(トラッキングID)をWordPressに設置する

以下で、それぞれ見ていきましょう。

ステップ1:Googleアナリティクスアカウントの作成

まずGoogleアカウントでログインして、Googleアナリティクスのサイトから「無料で利用する」でアカウントの設定を行っていきます。「測定を開始」ボタンが出てきたら、押して下さい。

最初に「アカウント名」を入れます。その下にあるチェックボックスはそのままでも大丈夫です。

おかさん
おかさん

ひとつのGoogleアナリティクスアカウントで、複数のサイトを登録できるので、アカウント名はサイトに特化しない共通な名前にしておくと良いです。

Googleアナリティクスアカウント開設:アカウントの設定
Googleアナリティクスのアカウントの設定

続いて、プロパティの設定、ここが一番重要なステップです。

「プロパティ名」、「レポートのタイムゾーン」、「通貨」を入力します。これらは後からでも変更できます。

そして、「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」はONにしておきます。

最近のGoogleアナリティクスアカウントでは、標準ではGoogleアナリティクス4プロパティ(GA4)となり、この「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」をONにしておかないと従来のユニバーサルアナリティクスのプロパティが作成されません。

Googleアナリティクスアカウント開設:プロパティの設定
おかさん
おかさん

ユニバーサルアナリティクスとGA4の違いは、こちらの記事を参考にして下さい

最後にビジネス情報を選択します。こちらは、それぞれのサイト/ブログに合った情報にチェックを入れておけばOKです。

Googleアナリティクスアカウント開設:ビジネス情報の設定

作成ボタンを押すと、以下の画面になります。こちらの画面ではGA4のタグ(コード)を取得できますが、GA4のタグの設置に関してはこちらの記事にまかせて、この記事ではユニバーサルアナリティクスの設定を進めていきます。

Googleアナリティクス(GA4)へのアップデート手順4
Googleアナリティクスのプロパティ作成後の画面

ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する場合には、プロパティ選択(以下の図の黄色部分)から[UA-***]の方のプロパティを選択し、

Googleアナリティクス:プロパティ切り替え
Googleアナリティクスのプロパティ選択

「プロパティ設定」の画面から[UA-***]から始まるトラッキングIDをコピーしておきます。
以上でステップ1は終了です。

Googleアナリティクス:UAトラッキングIDの取得
ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDの画面
おかさん
おかさん

Googleアナリティクスのユニバーサルアナリティクスでは、このトラッキングIDが設置するときに必要な情報となります

ステップ2:Googleアナリティクスのタグ(トラッキングID)をWordPressに設置する

Cocoonの場合、「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」タブの中にある「Google Analytics設定」欄にある「Google Analytics トラッキングID」のフィールドに、ステップ1で取得したユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

CocoonでGoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定
おかさん
おかさん

これでCocoonへのGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)の設置は完了!

これは、他のテーマでも、また「All in One SEO」のようなプラグインでも、方法はほぼ同じです。[UA-***]のトラッキングIDを、各テーマやプラグインで用意されているGoogleアナリティクスの設定欄に入力するだけ、です。

おかさん
おかさん

GA4の測定IDとユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDは別ものなので、[UA-***]欄にGA4の測定IDを入れないように注意!
GA4の設置の仕方はこちらの記事を参考に。

設定が完了したら、Googleアナリティクスの画面で測定できているか確認しておきましょう。リアルタイムビューのところでデータが入ってきていればOKです。

Googleアナリティクスのリアルタイムビューでの確認
Googleアナリティクスのリアルタイムビューで結果を確認

Googleアナリティクスの始め方のまとめ

この記事では、Cocoonユーザを対象に、Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)の設置方法を紹介しました。

Cocoonユーザを対象と書きましたが、ユニバーサルアナリティクスの[UA-***]から始まるトラッキングIDの設置方法は、どのテーマであってもだいたい同じ方法になります。

おかさん
おかさん

Googleアナリティクスはサイト/ブログ分析の基本なので、ぜひ使い倒してみましょう!
SEOに本格的に取り組むなら、検索順位チェックツールのRank Trackerは、Googleアナリティクスとも連携できてかなり便利です!
また、Googleアナリティクスのデータ分析では、Googleデータポータルや、Googleアナリティクス自動レポート化ツール「無限GAレポートメーカー」(14日間無料体験あり)などもあるので、自分にあったものを選びたいですね!

Googleアナリティクスのデータの分析方法は、また別の記事で紹介します!Twitter(@OtonTech)でもツイートしていきますね!

\ GA4の設置方法は以下で紹介しています! /

参考になったら、ぜひシェアお願いします!
フォローして頂けると、励みになります!
おとんTechブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました